« 良か旅の隠されたドキドキ | トップページ | 秘密の抜け道 »

2006年10月13日 (金)

一杯の豚汁?!

☆     ☆     ☆    ☆     ☆

 

サロン通の皆さんはもう味わったかな?

観月会の 魅力

 豚汁セットの 魅力

 

おれ、人参!

  オレ、ゴボウ!

わたし、椎茸!

    ワタシ、こんにゃく!

。。。などなど

具が それぞれ個々を主張!!

素材の味、全てが生きているッ

そして

  ほっとして温まる味

一人暮らしの身にしみる味だと江口さん

おにぎり も新米なんだって

 

実は この豚汁には秘密があって・・・

それも  買収疑惑?! 

  

 

 

 

失礼しまぁ~す

 

ん?立石さんだ

※サロン仲間の立石さん

  コンピューターに詳しく

  彼女に 白羽の矢が命中!!

  ・・・・・多々あることです

  時に無理難題で 射抜かれる?! 

 

ネット部社長と何やら打ち合わせしている模様

んん?!

HPの話のようだが・・・

おぉう、立石さん助っ人?!

   

 

えッ、コレないと出来んじゃなかですか!

(これがないと出来ませんよ)

 

そうなんです

くれッって言ってるんですけど

分かりました と返事をされて

   いつも それきりなんですよ

 

でも なかと出来んですよ

さっさと もらいましょッ

 

もう ガンガン言っちゃって下さい

自分がもう一人いたら・・・って思うんです

と社長

 

もう切実に聞こえます;苦笑

立石さんに日頃の思いをぶちまけてるような・・・

 

聞いてないんですよぉ~

どうもネット部の方に伝わってない情報もあるようで 困り果てている社長

 

やりましょうッ

と取り掛かりの早い立石さん

 

  これでHP更新の日も近いかな♪

 

 

立石さん、波にさらわれ

ネット部へやってきたのかと思いきや・・・

(さらわれ1号2号 参照)

  

 

立石さん

  毎日豚汁セットならおごるわよ♪

と先生が甘い言葉で釣ったらしい

 

が!!

 

。。。毎日は いりませんッ

と  キッパリ!!笑

 

妙ちゃんがいるのに・・・・・・

と中村さん苦笑

 

この日は

買収?!されたようですが

今後も今までと変わらず お手伝いされるはず

 

立石さん、肥えるかも・・・

彼女が太ってきたら

完全に豚汁に買収された証拠です;笑

 

サロンのお客様であったり、

ネット関連の応援部隊であったり、

立石さんのような影の立役者であったり

サロンに集う人 皆が何かしらの役割を持っているような

仕事で区切れば違うけれど、

思いのうえでは全員がカワシマグループの一員

  多くの人が集まる それが証拠かも 

注:これは買収では ござらんよ;笑

 

               ☆ つづく ☆

|

« 良か旅の隠されたドキドキ | トップページ | 秘密の抜け道 »

コメント

今夜の我が家は豚汁で・・・椎茸は入れたことがないのですが^^今度入れてみます~

ちなみに我が家は・・サツマイモと水菜と白菜^^ときには~えのきをいれます~^

これからの季節^^あったかい~のが何より!ですね~^

投稿: gennkinikoniko | 2006年10月13日 (金) 23時15分

私はまだ食しておりません。私も買収されたーい
(*^¬^*)笑

投稿: | 2006年10月14日 (土) 10時26分

そんな出来事が!!(笑)衝撃ですね。
立石さん買収されたんだ~(笑)
身近なネタだけにかなり受けちゃいました。
本当にしーさんはいろんな目撃されてるんですね。毎日たくさんのネタ回収お疲れ様です。

投稿: チビママ | 2006年10月14日 (土) 14時43分

朝、昼、晩、携帯を見ながら♪私まーつは いつまでもまーつは 例え貴方が振り向いてくれなくても まつはー まつはー・・・♪と歌うのが日課になっています。そして、お金にならないわ、やり過ぎてはダメよ、これは修行よ。って言い聞かせてる今日この頃です。まーいいか、私が焦ってもしかたないし、毎度の事か( ̄― ̄)

投稿: 甲虎 | 2006年10月21日 (土) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6265/3728305

この記事へのトラックバック一覧です: 一杯の豚汁?!:

« 良か旅の隠されたドキドキ | トップページ | 秘密の抜け道 »