« ☆ スペシャルデイ ☆ | トップページ | あらッ、賄賂(わいろ)かしら? »

2006年5月15日 (月)

紅茶マスターへの道

☆     ☆     ☆     ☆     ☆

 

「紅茶飲まない?」

と、またお茶に誘って頂いた

「入れた事ある?」

   はうッ

わ、私ですか・・・

  

見渡せば、皆さんお疲れ気味

私しか いないよね

お客様にはちゃんとお出しするけれど、サロンで思い思いに過ごす時には基本的にセルフ

 

分量は先生に聞いて、と

ここまではヨシ

・・・って葉をポットに入れただけ

あぁ~~~~

緊張!!!

以前黒田さんのブログ読んでたから余計にあたふた

  

えっとカップ暖めて

あッ、お湯足りないな

もう少し・・・・

   シュコー

   ???

お湯が!!!

「お湯なくなったね

    沸かそうか?」

と天の助けかのような江頭さんの言葉

  

でも これじゃ

  中途半端になっちゃうよ

先生の分だけでも先に

と、ここまでかかるのに数分

10分未満って言った方が近いかも

  

注ぐ

ん?

なぜか葉の細かいのも一緒に注がれる

えぇーーー何で

  

中村さんに聞いてみた

藤島さん入れるとき

こんなじゃないよね?

う・・・、うん

この時点で私の頭はフル回転

お湯はないし

注いじゃったし

何とか入れれる分だけ入れてみた

先生は 内田さん、江頭さんとお話中だったのに

2杯しか入れれなかった

恐る恐る・・・

 お湯がなかったので残りは後で・・・

即座に立ち去る私 

   

「ん、ぬるいよ」

あーーーーーーー

やっぱり

申し訳ございません

手間取りすぎ;笑

たくさん内田さんにも笑われちゃいました

 

お湯が沸いたので

挑戦!第二弾

やはり頭はフル活動

冷めないうちに、手際よく

ふぃ~~ 一苦労

ちゃんと先生の分も入れなおしました

 

美味しいよと言って頂けたものの

とほほ・・・でした

普段みんなに何でもやってもらっているから こうなのよね

黒田さんの話を人ごとで済ませてたけど、自分の身に降りかかろうとは

あの時、藤島さんの手際を盗んでおくべきでした

  

藤島師範

いつかご指導お願いします

もしくは

猫舌専門 紅茶マスターで いきます

  

                    ☆ つづく ☆

|

« ☆ スペシャルデイ ☆ | トップページ | あらッ、賄賂(わいろ)かしら? »

コメント

わったしも 飲みたっかたよー

なんか難しそうね

投稿: ホットマン古賀 | 2006年5月16日 (火) 00時28分

私にもあった、あった・・・。
そんな経験・・・。
以前、私の姪も、
結婚する前にいろいろお母さんに
教わっておけば良かった、
とか言っていました。
でも、最近は結構うまくなってますよ。
やはり家族に「美味しい」って言ってもらえたら
嬉しいものね。

投稿: Bamboo-shoot | 2006年5月16日 (火) 10時28分

コーヒーばっかりで紅茶て飲んでないなぁー。ゆず茶もおいしいですよね^^

投稿: バツイチ女のひとり言 | 2006年5月16日 (火) 13時49分

あ~なんかわかる気がします!
人に入れるのって結構緊張したり南下するんですよね、私。
普段自分や家族の分を入れるにはそれなりに出来るのですが、いざお客さんや先輩などに入れるとなるとほんとパニックに・・・
だけど、「おいしい」って言ってもらえたのでよかったじゃないですか~
お疲れ様でした。。

投稿: ろんろん | 2006年5月16日 (火) 18時42分

いつも訪問&コメントありがとうございます。

コメントも多数増えなかなか返しに来れなくてすいません。

バナーを貼ってもらってるおかげで、ショップのアクセスも増えつつあります。
ご協力いつも感謝します。

投稿: リバーランドの店長 | 2006年5月16日 (火) 19時55分

優雅・エレガント・・紅茶のイメージ。
ラウンジで飲んだらシ・ア・ワ・セ・気分

投稿: ひとみ | 2006年5月16日 (火) 20時53分

>お返事☆しー☆<
 
コントの様ですが事実
優雅にいれて
安心して まったりして頂きたいものです

投稿: しー | 2006年5月18日 (木) 00時02分

普段何気なくいれてるけど、
お客様に出す時はきちっと美味しいものを出したい!

私もちゃんと美味しい紅茶の入れ方マスターしたいなあ

投稿: 深美 | 2006年5月18日 (木) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6265/1782793

この記事へのトラックバック一覧です: 紅茶マスターへの道:

« ☆ スペシャルデイ ☆ | トップページ | あらッ、賄賂(わいろ)かしら? »